ドローン資格が魅力的!取得を目指す人が押さえておくべき情報を一挙に公開

当サイトでは魅力的なドローン資格の取得を目指す人が押さえておくべき情報を一挙に公開すると共に、活用できる輸送業界や撮影業界での需要などを解説を行っています。
まず資格の種類にはどういった物があるのか、それに対応できる職業分野はどこかの視点が必要になります。
特に輸送業界と撮影業界でのニーズの高まりがみられますが、そういった分野を核にして今後は新しいビジネスが生まれると期待を持たれます。
常にドローン活用の情報のアンテナを広げておくことが重要です。

ドローン資格が魅力的!取得を目指す人が押さえておくべき情報を一挙に公開

ドローン資格がいち早く誕生したのは民間団体の資格であり、それによって一定の技量や知識を有することが証明されるため、幅広い仕事で活用されております。
ただ一方では国によるライセンス制度が始まっており、今後は自動車運転のような公的な免許制度になることが想定され、ドローン資格は公的なライセンスの取得がベースとなり、その上で民間の資格を取得する流れになる見込みです。
活用の分野で広がるのは、輸送業界・航空撮影業界になりますが、その公的なライセンス取得がベースになります。
もちろんそれぞれの業務に特化した民間のドローン資格も誕生し、それにより技量・知識を証明することで業務分野にスムーズに活用可能です。

ドローン資格の有無によって何が変わるのか?

ドローン資格の有無によって何が変わるのかですが、簡単に言えば自動車と同じように操縦をドローン資格を持った人だけに限定する免許制にするということです。
現時点では、ドローンは航空法など法律上の規制はあるものの、操縦者自身には免許や資格などは少なくとも国家レベルでは存在せず、いわばその人任せの状態になっています。
ちょうど自転車と同じようなもので、自転車も車両の一種である以上は道路交通法の適用対象となることは良く知られていますが、別に運転に免許など不要なのと似ていると言えます。
これが免許制になるということで、ドローンはいわば自転車レベルの扱いから一気に自動車レベルの扱いになるということが言えるわけです。
ドローンを使ったビジネスは大きく拡大しつつありますので、誰でも対応できるものではなくて資格を有している人しか操縦できないとなるとその価値は大きなものになり、ビジネスチャンスが広がるということもできます。

航空法の理解がドローン資格に必要な理由

ドローン資格を取得する際には、航空法についても勉強することになります。
その理由は、この法律が国内でのドローン(無人飛行機)使用のルールを定めた根拠法にあたるからです。
例えば、ドローンを飛行させるためには地方航空局や空港事務所の許可が必要で、2022年6月20日以降は重量が100グラム以上であれば事前に機体登録手続きを行う義務も追加されますが、これはすべて航空法で定められているルールです。
また、2022年度以降にスタートする技能証明制度についても、この法律に明記されています。
どんなにドローン操縦の知識や技能に優れていても、法律をよく理解していないと、トラブルにあう可能性があります。
場合によっては、法令違反を指摘されて処罰され、ドローン資格を失うことにもなりかねません。
法律は、社会状況の変化に応じて改正が行われるので、資格を取るときだけではなく、取得したあとも法律に関する情報をチェックして、知識をアップデートしておきましょう。

ドローン資格を取りたい人が通う養成機関

放送業界では昨今、いろんな番組で空中映像を使われるようになりました。
以前はセスナ機をチャーターしないと撮影が出来なかったので、非常にコストがかさんだものです。
ところが現在ではドローンを使用することで気軽に撮ることが出来ます。
この影響からドローン資格を所有しようという方も多く、今では各地にある養成機関に通われる人も増加傾向です。
簡単にドローン資格の概要を見ていくと、16歳以上の方であればどなたでも受講をすることができます。
ただし、正式なライセンスを取得するには、国土交通省の認可を受けている養成機関でないといけません。
2021年現在で全国に60の施設があり、そこで150時間のカリキュラムをすべて受ける必要があります。
ドローン資格は1度入手をすると、2年に1回の更新も必要です。
その際は同じ養成学校に赴いて、技術講習をすれば更新が完了となります。
土木調査などでも多用をされており、役立つ資格となっています。

ドローン資格の重要性が高まっている背景

ドローン資格を取得する人が増加しています。
以前は趣味として使用するのが一般的でしたが、最近はビジネスで活用されることが多くなったことがドローン資格の重要性の高まりの背景です。
農業や建設業、運送業などで活用されており、今後も様々な業界で活用されることが期待しています。
現在は資格を持っていなくても操縦できますが、自分の操縦スキルの高さを証明するものになりますし、認可や許可も下りやすいメリットがあります。
ドローン資格を取得するためにはスクールを利用することになりますが、よく比較した上で決めることが大事です。
基本的な講習で10万円から20万円ほどかかるので安さで決めてしまう方がいますが、それだけで決めるのは評価できません。
高度な技術や専門的な知識をしっかり身につけられることを重視するべきです。
指導してくれる講師の質も重要です。
ドローンスクールも全国に増えていますが、指導力の差が少なくないのが現状です。

著者:松丸洋行

筆者プロフィール

熊本県阿蘇市生まれ。
趣味の動画撮影のためにドローン資格を取得。
自分の体験をもとに、ドローン資格について記事をまとめました。
熊本でドローン資格を取る!