ドローン資格があると撮影関連の依頼が増加

ドローン資格があると撮影関連の依頼が増加

ドローン資格を保有していると、それだけでドローンを操縦できる技量と知識があると推測でき、多くの仕事の依頼が増える可能性があります。
特に人間は鳥のように自由に空を飛ぶことができるわけではないので、空から見た地上の姿を知ることができないのも事実です。
ところがドローンにカメラを搭載させることで、それによって地上の様子を映し出すのに優れ、しかも鮮明で撮影することができる点でも優れております。
これはドローン資格がなくてもできることかもしれませんが、やはり映す技法についてはドローン資格を所有していた方が優れていたりするのも事実です。
撮影関連の仕事は、例えば山で遭難した人の救出・土砂崩れがあった場合の被害状況の確認・他にも地震や津波などの災害の把握・さらには原発事故の状況確認・地図の作成等にも対応できます。
もっともドローン資格は他国からの侵略などで緊急時に敵陣の状況確認での依頼も増えるはずで、他国の侵略に対抗する上でも大いに役立つはずです。

空撮を行うためにドローン資格は必要なのか

手軽に空撮を行う方法として、近年ではドローンを使用することが一般的になりつつあります。
ドローンの操縦は難しそうで、何かドローン資格がいるのではと思う方も多いかしれません。
現在の日本ではドローン資格は設けられておらず、自由に操縦することが可能となっています。
ですが、日本では航空法や小型無人機等飛行禁止法、道路交通法などや都道府県が制定する条例などが存在するため、ドローンを安全に飛ばすためには確認が必要になります。
飛行が規制されている区域もあるため、気を付けなければいけません。
国家資格では、ありませんがドローンに関する民間の資格はいくつか存在し、スクールに通うことで取得することができます。
資格にはJUIDA認定資格やDPA認定資格、DJI CAMPなどの種類があります。
どれもドローン資格として設けられており、取得することでドローンの操縦方法身につけることができます。
今後は、国家資格が設けられる可能性もあるので知識が必要になります。

著者:松丸洋行

筆者プロフィール

熊本県阿蘇市生まれ。
趣味の動画撮影のためにドローン資格を取得。
自分の体験をもとに、ドローン資格について記事をまとめました。